卒業

2013.05.03

2013年5月3日(金)ついに、サンダーバード大学院の卒業式を迎えることになりました。

日本の大学を卒業したときとはまったく異なることを実感しています。
日本では(私大法学部)、個人プレーでしたが、サンダーバードはほぼチームプレーでした。
それは、学業だけにかぎらず、就職活動、家族の生活と全てにおいて、いろいろな人から支えられてきたということを改めて実感しました。本当に、ありがとうございました!

サンダーバード(卒業生・学生(クラスメイト)・教授・スタッフ・就職課)
コミュニティー(TIF,キリスト教グループ、コーチ、メンター、友人)
アメリカで活躍している日本人
親友・友人
前職の同僚・上司
日本にいる教授・先生
日本にいる両親・兄弟・親族
家族(妻・娘)

本当に感謝しております、必ずやPay it Forwardします。


光栄にも卒業式では、日本人の代表として国旗を掲げて、簡単なスピーチをさせて頂きました。
Kaoru Japan Flag Speech 1



卒業式に受領するものが卒業証書・Oath(名刺サイズ)・バッジ(右)です。

また、前日にAward Ceremonyがあり幾つかの賞があります。
TSG(左から一番目)・キャンパスアンバセダー(左から二番目)のみ私は受領。
それ以外にはHonorsCouncil、成績優秀者、リーダーシップ、Presidential Awardがあります。

Diploma.png

Thunderbird Korea Scholarship Endowment (奨学金)

2012.12.01

The Thunderbird Korea Scholarshipという奨学金を頂くことになりまた。
実はこの奨学金、以前から2回応募して、2回連続で見送られたこともあったので半分諦めつつ応募したのですが、三度目の正直で勝ち取ることが出来ました。おそらく1年目では貢献度として2年生には及ばなかったとではと推測しています。昨年取得していた学生の活動の大きさ(複数のリーダーシップポジションなど)からすると自分はまだまだですが、選考していただいたことに感謝。


サンダーバード大学院では、入学後に毎トライメスターごとに奨学金を応募することが出来ます。
選考基準は奨学金のドナー次第ですが、成績・学内クラブ活動・国籍・入学前の経験・卒業後の進路などいろいろな視点から応募できる奨学金が変ってくるのでキチンと見る必要があります。

奨学金は金銭的な負担が減るだけでなく、レジュメに記載できることが大きいです。ものによってはネットワーク構築の一歩にもなります。

ありがとうございました!
これでWinterimの学費に当てることができます。

20121117 Scholarship

時差

2012.10.18

アメリカ、サンダーバードのMBA生活で学んだことの一つ「時差」。

無論前職で東京から東はアメリカ・西はイランという時差のなかで仕事をしていましたが、クラスワーク・就職活動(電話面接)で何度も自分と相手の時差をその都度確認するのは以外と大変でした。仕事の場合決まっているのであらかじめ頭に入っているのですが、クラスワークや就職活動だとその都度違うので確認する必要があります。

試行錯誤した結果、今のところこのサイトWorld Time Converter で確認し、Googleでチェックをするようにしています。このサイトの特徴は視覚で分かりやすく表示しているのが便利。アナログな自分にとってはとても助かります。

厄介なのはアリゾナだけサマータイムがない(他の州とは別)なので、米国内でもその都度確認するようにしています。
20121017 time zone

卒業生からのサポート

2012.07.08

サンダーバード大学院の内輪でのことなので定かではわかりませんが、「サンダーバードのネットワーク力は凄い」ということ。

同級生で海外モジュールに参加していた学生は、「サンダーバードのロゴの入った服を着ていたら、観光地で卒業生に会った」とか、「ある都市を訪れるのでその都市に在住の卒業生に連絡したらすぐに回答がきた」、とか「就職先を探してくれた」など入学前そして在学中も聞きます。

私の場合は、米国インターン獲得のために卒業生に連絡を取っていましたが(100人位)、返答率(電話・メール・面談)は期待以上ありました。

当然相手の状況と自分が依頼することに左右されますが、概して協力的です。特に日本人の卒業生は米国に残っている日本人が少ないせいか、「俺に出来ることなら何でもいってくれ」というスタンスにびっくりです。先日も日本人卒業生(米国勤務経験あり)の方複数名と電話でアドバイスをいただけることが出来、本当に感謝しております。なお、在校生同志ならキャンパスにいるので、面識がなくても、電話一本ですぐにあってくれます。授業で相当時間が限られているはずなのですが、就職のことになるとお互いにとても協力的な感じがします。これが出来る強みは大学院のカルチャー的なものもありますが、データベースとして仕組み化されていることが大きいと感じます。データベースに実際に個人の情報をたいてい入力し、更新しているということ。これが私の母校(私大)だったらというとそもそもコンタクト先が共有されていないので、アクションが取れません。(何とか改善してほしいものですが)

先輩方が苦労して切り開いてきた道を、またひとつ広げるためにもがんばると同時に、この良いサイクルを維持していかねばと感じるところです。


20120707 Connection

Thunderbird Shirts

2012.06.10


思い出のサンダーバードのロゴ入りシャツ。

サンダーバードのMBA生活を過ごして幾つか学校からロゴ入りのT-shirt,ポロシャツをもらいました。


Cohort T-shirts

これはMBA開始前のFoundationWeekのコホート(クラス)ごとにコホートでデザインしたものです。ブルガリア人のデザインが採用されました。各コホートによって名前があるので、それにちなんだデザインです。ちなみに、これはMustang.

tcho2.jpg

tco.jpg

TSG T-shirts

生徒会メンバーに与えられるシャツです。毎週木曜日はこのポロシャツをきるようにとお達しがありました。
各トライメスター若干デザインが変わっているようですね。

t3.jpg

Campus Ambassadar

キャンパスアンバセダーで活動しているとき(ツアーの案内など)に着るものです。

T-

ThunderCare
各トライメスターに一度地域でボランティアをする機会があります。そのときに支給されるものです。

t1.jpg

これ以外に、クラブの服(台湾クラブ、マーケティングクラブなどなど)もあります。