同級生の卒業式

2012.12.15

12月14日(金曜日)サンダーバード大学院のキャンパスにおいて卒業式がとりおこなわれました。

2011年9月秋入学の同級メンバーの過半数がこの日において卒業することとなったので、切磋琢磨した仲間の旅立ちを祝うと同時に感謝の気持ちを伝えました。

また、それぞれの旅立ちと長期目標を共有してお互いグローバルで活躍することを誓いました。といっても勤務先が米国中西部(アイオワ・イリノイ・インディアナ・オハイオ・オクラホマ)と同じ区域なので卒業後も会うことを約束しました。

基本的には年明け1月から3月までに働くのが多いですが、クリスマス「前」から早速NYで働くインド人もいます。MBA採用のケース(インターンをフルタイムにコンバート)は6月以降からの出社。中には在学にオファーももらい既に勤務している学生もいます(その場合はMBAをフルタイムからパートタイムやオンラインに変えてMBAを取得する予定)

外国人学生はビザの関係で最大6年しか滞在できませんが、ある学生は借金を返済次第祖国へ戻るという人、マネジメントの経験を得てから母国へ帰国するもの、グリーンカードを会社に申請してもらい永住権獲得するというものとそれぞれです。

就職活動・授業・クラブ活動・家族と様々な局面で刺激をうけた仲間が去ってしまうのは残念です。優秀な仲間から学んだことは本当に大きかったです。それは、すべて自分の能力の向上並びに就職活動の結果へとつながりました。このコホートの仲間の存在なしに、いまの自分はいないことを改めて実感し、感謝の意を伝えました。

残りの学生生活はあたらしい課題を見つけないとと切なく思ったところです。

なお、前日の夕方には表彰式があり、当日朝から卒業式、夜には卒業パーティがあります。
アリゾナにしては珍しく雨が降り、少々寒い夜でしたが仲間たちと最後の瞬間を大事に過ごしたところです。

20121216 graduation