キャンパスアンバセダー(Webcasts)

2012.11.15


キャンパスアンバセダーの仕事について以前触れましたが、今回はWebcastsをすることに。
本来担当の学生が参加できなくなったので、急遽空いている学生の中で対応することになりました。

対象はサンダーバードへの入学を検討している学生。中身はアプリケーションのプロセス。基本的には大学院のAdmissionのDirectorが説明するのですが、ときおり、学生の視点から意見を求めてくるので自分の経験及び友人の経験をシェアします。

一時間のWebcastsでしたがあっという間でした。当時2010年末に願書を送付したときと選考プロセス・必要資料がそうとう変更していることに驚きました。例えば推薦状でななくて、サーベイシートに上司から記入してもらったり、卒業直後どのような仕事につきたいのか、自分の経験からどこの国で、どの企業の、どんなポジションなら可能性があるのかとより卒業直後の就職についてピンポイントで聞いています。新たな指標としてEmployability(就職できる能力値)も選考に入っています。逆にエッセーは長文だけでなく、コンパクトに表現する能力も求められます。



Webcastsの詳細はこちら、
Webcasts


block-ranked-photos.jpg