Foundationweek (Case Reading)

2011.09.03

Tuesday - August 30

Effective Case Analysis(効果的にケースを分析する方法)
by Professor Sundaresan Ram

今回の練習用として使用したケース
Rossin Greenberg Seronick and Hills, Inc.

全員一応理解したうえで本日のセッションに参加しています。
教授が「これはどんなケースなのか」「何が問題なのか」「あなたが責任者だったらどうする」など次々と質問をしてきます。同時に学生が発言をします(特にインド人が強いです。的を外れているときもありますが、そのパワーに圧倒されました)


基本的なことですが、以下のことを自問してみましょう。
Why are you here?
What will you get paid for?
Why do we use case analysis?
How do you approach case analysis?


具体的なアプローチ
Identify the issues/problems
 ケースを早く読む
 始まりと終わりを見る
 大きな点と小さい点をリストアップする

Develop (発展)
 重要な事実を把握する
 仮説を立てる
 定量的且つ定性的
 代替案の提案

Come to class with(授業への取り組み姿勢)
 解決案を用意する
 自分の解決案を論理的に説明する

Do's
 Preparation -ケースの中身を深く理解すること
 Participation -参加すること
 Presence -聴くこと、仲間をみつけて議論すること
 Progress -自分の理解度を確認すること

Dont's
 Repetition of ideas
 Unnecessary argument
 Deliberate Interpretation
 Ego defence

Business Schoolの掟
 教授からの突然の指名(チャンスととるかピンチととるか)
 クラスメイトを知るチャンス(将来のビジネスパートナーになるかもしれない)
 沈黙は金ではない

Comment

Comment is pending blog author's approval.
2017.05.24 at 00:56 # [Edit]

Post a comment

:

:

:

:

:

Only the blog author may view the comment.